あなたの悩みに!
何でも不動産相談

今後も当Q&Aコーナーは
続いていきます!

不動産の「悩み」、
何でもご相談ください!

あなたの悩みを
一緒に解決しましょう。
誰に何をどのように聞いたらいいか分からない不動産の悩み。何でも、ご相談ください。長年の経験とノウハウを活かして、お客様の現状やこれまでの背景を検討した上で、いろいろな選択肢の中から最適なご提案をいたします。地元と共に歩んできた株式会社丸三だからできる、お客様とじっくり向き合う丁寧な対応で、皆様の悩みを一緒に解決します。

宅地建物取引士・
公認不動産コンサルティング
マスター相続対策専門士・
賃貸不動産経営管理士
和田 崇

当社では各分野の
専門家と連携して
ワンストップサービスを
提供しています!

Q相続時のトラブルが心配!

A.   一般的に相続対策とは、1.分割対策、2.納税対策、3.節税対策の順番で対策を取ることが大切と言われております。そして、最近では認知症対策も非常に重要視されています。

1.分割対策/いかにスムーズに財産を分けるか?

自分の財産を、誰に、何を相続させたいのかを明確にしましょう。遺言、生前贈与、家族信託などの方法をとることで、自分の思いに近い形で遺産相続ができます。

2.納税対策/税金を払う資金をどうするか?

相続税を現金で納税できない場合には、不動産などの資産を現金化して納税しなければなりません。相続税の申告期間は10ヶ月と決められています。納税のために土地を売却する場合は、事前に確定測量をすませておくと納税までの手続きがスムーズです。

3.節税対策/支払う税金をいかに安くするか?

事前に資産の整理をすることが大切です。税理士を介して資産全体を把握し、その上で具体的な節税対策を検討することをお勧めします。(この際、資産税に強い税理士の方に業務を依頼することが重要です。)

長寿命の昨今、認知症対策は最初に考えなくてはいけない問題です。認知症になると、資産が凍結されてしまい、不動産の売買契約・賃貸借契約などの法律行為や預金の引き出しなどの経済活動ができなくなります。事前に、委任・後見・家族信託などの対策を取ることが非常に大切です。

まずは、お気軽に
ご相談ください!

Q親から相続した不動産、
どうすればいいの?

A.   不動産を相続した場合の有効な活用方法は、基本的には「売る」か「貸す」という方法です。

1.売る/売却して不動産を現金化する。

2.賃す/誰かに貸して賃料を得る。

ご両親や親族から不動産を相続したものの、「売るにしても、買うにしても、何から手を付けていいか分からない」という方がほとんどです。放置していると固定資産税がかかるだけでなく、維持管理の手間も増えていきます。
売る場合には、荷物の片付けや、登記名義の整理、測量業務、
貸す場合には荷物の整理、登記名義の整理、リフォーム工事などが必要になります。
いずれも事前の準備が大切で、お客様のご意向や、不動産の状況に応じて対応策は異なりますが、最適な方法をご提案いたします。特に最近では、室内の荷物を片付けて欲しいとのご相談が多くなっております。当社では、現状のままでも荷物を片付けてくれる業者もご紹介いたします。

まずは、お気軽に
ご相談ください!

Q持っている不動産を
この先どうしよう?

A.   不動産を所有している方から多くいただく質問に「不動産は、売るのと貸すのどっちがいいの?」というものがあります。
当社は、地元で賃貸売買を含め様々な不動産を扱っております。売買のみ賃貸のみに偏らず、お客様の意向に沿ったご提案をいたします。売買や賃貸、駐車場運営等いろいろな選択肢の可能性を考えて、お客様と一緒に大事な資産を引き継いでいきます。
不動産を所有している限り、何らかの「管理」をしなければいけません。売却して不動産を手放すと、不動産が現金に変わるため「管理」という心労から解放されます。しかし、一度手放した資産は自分の手元に戻ることはないかもしれないので慎重に検討しましょう。
借地のように時間をかけないと解決できないような資産をお持ちの方のご相談も承っております。借地を売るにはどうしたらいいか、借地を今後どうしようなど、借地の整理の方法についてもご相談ください。

まずは、お気軽に
ご相談ください!

Q 不動産の法律や税金の
仕組みを知りたい!

A.   不動産を取り巻く法律や税制は多岐にわたりながら複雑に絡み合っています。各分野の専門家に相談することで解決というゴールが見えてくることがあります。
「うちは相続税がかかるのか知りたい」、「生前に名義を変えて不動産を贈与したい」、「土地の境界のトラブルは誰に相談したらいいのか」、「賃貸人、賃借人との問題を解決したい」、「長年の借地の整理を検討したい」、「土地を有効活用して将来に備えたい」、「賃貸物件を大幅リニューアルしたいが建築上の問題ないか」等々。不動産の問題は、各専門家に尋ねましょう。例えば、不動産登記のご相談は司法書士、土地の境界のご相談は土地家屋調査士、賃貸借のご相談は弁護士、税金のご相談は税理士、建築法規のご相談は設計士など、不動産の法務・税務はいろいろな専門家との連携が必要になります。各専門分野に精通した専門家に相談することが解決への近道です。

まずは、お気軽に
ご相談ください!